フランスの母の日 : 5月30日まで、全商品5%セール [MERCI]

クリスマス お 菓子 ギフト

ubukata ayako October 20, 2021

歴史

クリスマスケーキとビスケットの歴史とシンボルの祭典をご存知ですか。
12月6日はSt.Nicholas Dayです。ブレデレやクリスマスビスケットには、何千年も前からの歴史と信仰があります。
鋭利な形をしたクリスマスケーキやブレデレは、実はあの世の霊から身を守る縁起物。

アルザス地方

聖ニコラスの日に配布される伝統的なMänneleまたはMannele

ブレデレとは、フランス・アルザス地方でクリスマスに食べられるクッキーの事。12月6日のセント・ニコラスの日には、ブレデレをはじめとする美食や社会的なシンボルがたくさんあります。宗教人類学を専門とする祭りの歴史家であるNadine Cretin氏の著書『Fêtes de la table et traditions alimentaires』(Le Pérégrinateur éditeur)から、歴史の秘密を探ってみました。

実は元々のクリスマスのビスケットの大きさは、決して小さくはありません。この大きさは当時の人々にとって非常に大切で、「たとえすべての宗教でレシピが違くても形や大きさの一貫性が見られ、非常に重要であったことが分かる」とNadine Cretin氏は指摘する。


"夜は常に私たちを怖がらせ、文明によれば幽霊や超自然的な生き物のものである。" 冬至には、mannele/Männeleのような擬人化されたビスケットがよく登場します。この "カニバリズム "は人間の最も深い恐怖を反映している」と歴史家は説明する。それは、死後の世界を象徴する、未開の世界特有の生物であるボギーマンを彷彿とさせます。人の形をしていたり、顔があったりするこれらのケーキは、「ヨーロッパの大部分の地域で知られている古代の題材をキリスト教化したもの」です。


シャープなビスケットで邪気を払う
クリスマスのビスケット、特にブレデレは、星、ハート、三角、三日月などの形をしているものが多い。"彼らは幸運をもたらす "と信じられていると歴史家は言う。スパイクやウェッジは「魔術に対して使われる」とのこと。"これらのビスケットは、クリスマスの時期になると、ツリーに吊るされたり、鉄製の箱に詰められ食べられるようになります。" これは、特に冬至(最も夜が長い日)の夜に、夜に潜む悪霊を遠ざけるために縁起物を提供するというものだったのです。


モミの木自体が鋭いので魔除けになるだけでなく、その球果は豊穣の象徴でもあります。
りんご、松ぼっくり、栗は豊穣のシンボル

りんご、松ぼっくり、栗は豊穣のシンボル

過去に多く存在した農民たちは、将来の収穫の多さ、家畜の繁殖力など、繁栄を保証するものをいつも信じ探していました。そのため、「最初のアルザスのモミの木は、豊穣のシンボルであるリンゴや木の実で飾られていた」のです。あるいは、丸太が火花を出さなければならず、その火は一年中保たれていたこともあったとか。



ビスケットやパン、ケーキは「お菓子の形で種が生まれるのを物語り、豊穣を象徴するものであり、幸運のお守りでもある」とされています。

St.ニコラスの日
聖ニコラスの日は、フランス北部と東部をはじめ、ベルギー、ルクセンブルク、オランダ、ドイツ、スイス、オーストリアの一部で12月6日(12月5日の場合もある)に祝われています。伝統的に、聖ニコラスはしばしばロバに乗って、子供たちにケーキ(männeleのbredele、santiklaüsmannla、speculoos、couques、marzipan、orangeなど)を配ります。フエタード神父は、いたずらっ子に棒や石炭でおしおきをするために、彼に付き添います。


アドベント:光と豊穣
聖ニコラスの日は、11月30日から始まる4回の日曜日からなるアドベント(待降節)です。「北半球では、この時期は、冬至の時期に新しい年を迎える前に、暗闇、寒さ、死、不妊を想起させたり、保護するための多くの儀式が行われてきました」とNadine Cretin氏は強調します。それ以降、その為に「家の中に光と緑を増やしていく」クリスマスという装飾は、ローマ人がサトゥルヌス祭の頃にすでに始めていた風習なのです。


トップページへ戻る