ご注文はお名前をローマ字でご記入ください

マリー・アントワネット チョコレート -チョコレートの歴史

フランス宮廷でのチョコレートの登場

アステカで発見され、1524年にコルテスがシャルル5世に持ち帰ったカカオ豆は、17世紀初頭までハプスブルク帝国の専売品でした。

次第にチョコレートはヨーロッパに広まり、ヨーロッパでは異国の植民地からの想像力をかきたてるような斬新なものが好まれた。17世紀の中頃、チョコレートはフランスの宮廷で高級品として変動し、物議をかもした。誰もが無関心ではいられなかった。

アンネ・オブ・オーストリアの荷物の中のチョコレート
スペインのハプスブルグ家にとって、当時「飲む」と呼ばれていたチョコレートは、最高の飲み物でした。特権階級の人々は、このチョコレートをあらゆる場面で、一日中食べていました。サトウキビ糖を加え、同時に大きなコップ一杯の水を飲んで消化すると、非常に濃厚な飲み物になった。

スペインのフィリップ3世の娘、アンヌ・ドートリッシュがフランスのルイ13世に嫁ぐとき、彼女は子供の頃の酒を手放したくなかったのだ。そこで、17世紀初頭の1615年、アンヌ・ドートリッシュとそのスペインの従者のおかげで、フランスにチョコレートが登場することになった。

ルイ13世がチョコレートを好んでいたかどうかはわかりませんが、リシュリューがすぐにこの飲み物のファンになったことは確かです。彼の主治医ベーレンスは、「毎日使用することで健康を取り戻し、老後を延ばすことができた」と述べています。しかし、宮廷でチョコレートを食べていたのは、王妃の小さなスペイン人サークルと、シュブルーズ夫人やマリー・ド・オートフォールなどのフランス人の友人に限られていた。

宮廷でチョコレートが普及するようになったのは、アンネ・オブ・オーストリアの摂政が始まった1643年に国王が死去してからのことである。マザランは、トリノでスカウトされた料理人、ムッシュー・モアにチョコレートを作らせ、彼はほとんどの旅行に同行した。

輸入品であるチョコレートは、地方では知られていない非常に珍しい商品であり、高級品、プレステージ商品であり続けました。ルイ14世の時代には、「飲む」チョコレートの流行がヴェルサイユ宮殿にまで及んだ。

それは、新女王であるオーストリアのマリア・テレジアがチョコレートを好んで飲んでいたからである。スペインから来たメイドが彼女のために準備を担当したのが、有名な「モリーナ」である。濃厚なチョコレートを1日に4~5杯飲むこともあったそうです。法廷では、ささやかれている。

女王には、王様とチョコレートという2つの情熱しかありませんでした。

17世紀から18世紀にかけてのヨーロッパ、そしてヴェルサイユでのチョコレートの消費は、非常に特別な儀式に則って行われていました。主に飲み物として飲まれていました。

砂糖やスパイスを混ぜたココアペーストは、木やブリキの型に入れて板状にプレスしたり、ソーセージの形に巻いたりした。

その後、チョコレートナイフを使って大きな削り節を作り、チョコレートポットの水やホットミルクで溶かします。そして、その飲み物をリールで泡立てて(アステカでは確実に行われています)飲むのです。

夜のフラットでのビュッフェは、サロン・ド・ラボンダンスのホットドリンク(コーヒーとチョコレート)だけで構成されていた。ルイ14世は、「空腹をまぎらわすが、腹を満たさない」この飲み物を好まなかったが、それでも大臣のコルベールとともに、フランス領西インド諸島での豆の栽培を命じた。フランスが初めて公式にカカオ豆を出荷したのは1679年、ブレストに到着しました。

コート中がこの飲料の話題で持ちきりです。マントノン夫人も、チョコレートを飲む習慣を身につけた。ル・メルキュール・ギャラン」によると、1689年、メレ夫人は宝くじの賞品として「銀製のチョコレート・ポット、磁器製のチョコレート・ポット、チョコレート・スティック7本、紅茶1箱」を獲得したという。

チョコレートは、ルイ14世が規制しなければならないほど過剰に消費されました。モンパンシエ夫人によると、王妃マリー=テレーズは、王に知られないように、自分の好きな酒を密かに味わっていたそうです。

気まぐれなチョコレートの友、セヴィニョン夫人
ルイ14世の時代には、チョコレートを飲むことが流行であったとしても、それは情熱を刺激する変化のある流行であった。翌月には、あらゆる悪と美の告発を受ける可能性があります。

その健康効果を称賛する支持者がいる一方で、「噴気」や「失神」、「偏頭痛」などの不調をもたらすと主張する反対者もいる。裁判所の数多くの著名人が、手紙の中でこの問題を取り上げている。

セヴィニョン夫人ほど、世間でのチョコレートの評判の変動をよく表している人はいない。彼女のこの飲み物に対する感情の変化は、この飲み物が引き起こす論争を見事に表している。1671年2月11日、彼女は娘のグリニャン夫人に宛てて手紙を書いた。

気分が悪い、寝ていない:チョコレートを食べると気分が良くなります。


チョコレートが媚薬として知られるようになったのは、スペイン人がアステカ王国を征服したときにさかのぼります。モクテスマ王は、産婦人科の女性たちを称えるために、1日に50杯を飲み、唐辛子、バニラ、唐辛子などの複数の香辛料を加えて調理しました。

チョコレートを飲むことは、お茶やコーヒーを飲むことに比べて無害ではありません。食後にホットチョコレートを飲もうと女性を誘うと、その女性のエッチな意図も、セクシーな意図も疑う余地がありません。有名な誘惑者ジャコモ・カサノバは、「情熱がない」ときの理想的な治療法としてホットチョコレートを大いに活用しました。とまで言われました。

チョコは食いしん坊!?

ルイ15世の寵愛を受けた人々は、チョコレートを利用し、利用した。最初はポンパドゥール夫人、次にデュ・バリー夫人。冷たい性格のポンパドゥール夫人は、媚薬で五感を目覚めさせようとした。一日中、バニラやアンバーのチョコレートを食べていると、健康を害してしまうし、愛の営みにも熱が入らない。

チョコレートをこよなく愛したルイ15世
ルイ15世が王妃に献上したショコラティエール(注ぎ口と3つの足はイルカの形をしている)。
ルイ15世が王妃に献上したショコラティエ(注ぎ口と3つの足はイルカの形をしている)。
曾祖父とは異なり、ルイ15世はこの酒を非常に好んだ。彼は、自分の小さなアパートで、少数の特権階級の人々と一緒に、自分のコーヒーやチョコレートを用意することが何よりも好きだった。サン・シモンは、1743年にルイ15世が四旬節の断食中にチョコレートを食べているのを見て驚きました。


ヴォルテールもチョコレートが大好きで、文学的創作活動の最中には「朝の5時から午後の3時まで」チョコレートを摂取していました。ルイ15世のもとで作られたチョコレートのレシピは、今でも有名です。

「コーヒーポットに水のカップ数と同じ数の板チョコを入れ、小火で煮て数回のスープを作り、出すときには4カップ分の卵黄を入れ、沸騰させずに小火で棒を使ってかき混ぜるのです。卵黄の代わりに、最初の泡を取り除いた後のホイップした白身を入れて、コーヒーポットに入っているチョコレートで少し薄めてコーヒーポットに入れ、黄身と同じように仕上げるのです。

王妃マリー・アントワネットのチョコレート職人
1770年、マリー・アントワネットが自分のショコラティエを連れてヴェルサイユにやってきて、"Queen's Chocolatier "という正式な称号を得た。このポジションは存在しなかった、それを発明したのは若い女王だったのだ。若い女性はシェーンブルンで、生クリームで叩いたチョコレートをよく飲んでいた。ベルサイユでは、毎朝、起床後と洗濯前に、この飲み物をブリオッシュと一緒に飲んでいたそうです。

このようにして王妃に推された職人は、チョコレートにオレンジブロッサムやスイートアーモンドを混ぜるなど、それまでよりも甘くて消化の良い新しいレシピを考案した。中には、琥珀の粉を混ぜたり、マッコウクジラの化石を混ぜたりと、かなりクレイジーなものもあります。しかし、マリー・アントワネットが何よりも好んだのは、砂糖とバニラの入ったチョコレートというシンプルなものでした。

チョコレートが民主化され、人々が板状にして食べるようになったのは、大規模な工場が出現した19世紀になってからのことです。


コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。