フランスの母の日 : 5月30日まで、全商品5%セール [MERCI]

フランス食べ物 -フランス 伝統菓子 -11選

ubukata ayako August 29, 2021

フランス 伝統菓子の国であることはよく知られています。パリ食べ物

また、街中やパン屋さん、お菓子屋さん、カフェのテラスで、フランスのお菓子を情熱的に食べている観光客に出会うことも少なくありません。

この記事では、フランスの伝統的なお菓子を10個ご紹介します。

もちろん、私たちの愛する国フランスには10種類以上のおいしいケーキがありますが、あなたには10本の指があるのですから、すべてのケーキを試してみるには10の理由があると考えています。

1 - パリ・ブレスト(Paris-Brest)

この可愛いケーキを見て・・・ロマンチックなあなたは、このケーキはパティシエがパリとブレストを結ぶ列車の中で、恋人と別れて恋しい思いから発明したものだと思うでしょう。そして美味しいものが大好きなあなたは、午後4時でとてもお腹が空いていたと言うでしょう。

いいえ... パリ・ブレストは、パリ近郊のルイ・デュランというパティシエが、自転車レースの創始者であるピエール・ジファールから、レースと選手を祝福するケーキの考案を依頼されて、実際に考案したものです。自転車の車輪をイメージして、最初は丸い形をしていたのです。

パリブレストは、丸みを帯びたシュー生地の上に、フレーク状のアーモンド、ヘーゼルナッツ、アイシングシュガーを混ぜ合わせたプラリネバタークリームまたはプラリネムースリーヌクリームをトッピングしています。パリブレストには、アイスクリームやホイップクリームを入れたバージョンもありますが・・・いかがですか?

Cerise paris| パリ・ブレスト

2 - ミルフィーユ (LE MILLEFEUILLE)

このおいしいお菓子の起源は、何千年もの間、謎に包まれています。ミルフィーユのレシピは、ビザンチン人も含めて誰もが自分のものだと考えています。しかし、最も重要なことは、その名前がシュークリームの層を重ねることによって出来ているということです。

完璧なミルフィーユを作るには、3層のシュー生地の間に2層のパティシエール(ココナッツ、プラリネ、フルーツ、モカ、キャラメル、アーモンド、バニラなどお好みで)を挟み、上からアイシングシュガーまたはフォンダンをかけます。

cerise paris|ミルフィーユ | ミルフィーユ食べ方  | ミルフィーユレシピ | ミルフィーユカツ

3 – L’OPÉRA (オペラ)

L'Opéra」は、コーヒーシロップを染み込ませた3角のジョコンドビスケットに、コーヒーバタークリームとチョコレートガナッシュを合わせたお菓子です。この名前は、その形がガルニエ劇場の舞台によく似ていることに由来するか、あるいは、かつてこの店に来ていたオペラ座のダンサーたちに敬意を表してつけられたものです。(面倒くさいと思われるかもしれませんが、作り方はとても簡単です。

Cerise Paris|  オペラ| オペラレシピ

 

4 – LE FRAISIER (ル・フレジエ)

この可愛い有名なケーキの由来は謎のままです。しかし、それが何であれ、その絶妙な味わいは スポンジケーキ、ムースクリーム、そして...そして...そして...イチゴの絶妙なバランスからフランス人に大変人気のケーキの一つです。形は丸か四角くがあります。Cerise paris| ザ・ストローベリアー

 

5 – L’ÉCLAIR (エクレア)

以前は「小公女」と呼ばれていた稲妻が、すぐに食べられてしまうことからそのように呼ばれるようになったことをご存知でしょうか。その通りです。エクレアは、様々なシーンに対応できるお菓子で、私たちのお気に入りのお菓子には、有名なレリジューズがあります。 

Cerise Paris|レクレイ お菓子

 

6 – LA TARTE TATIN (ラ・タルトタタン)

タルトタタン...タンタン...タンタン...。(は、砂糖とバターでキャラメル状にしたリンゴのタルトを逆さまにして組み立てたものです。そう、ショートクラストパティスリー(パフパティスリーやショートブレッドでも可)は、クラシックなアップルパイのように下に敷くのではなく、フィリングの上に敷くのです。焼きあがったら型を外して、おいしいホイップクリームを添えていただきます。ちなみに、これはタタン姉妹の不器用なミスだとよく言われています。タタン姉妹の一人がタルトをオーブンに入れた際に、生地を入れずに焼いてしまい、焼いている間に生地を入れてしまったのです。これは、ホテルを経営していた姉妹が有名にした古い地域の名物料理ですが、有名な料理評論家がこの話を考案したと言われています。

Cerise Paris|タティンパイ

7 – LE SAINT HONORÉ (サントノーレ)Cerise Paris|サントノーレ

サントノーレは、1850年にパン職人の守護聖人にその名を捧げています(もうとても歴史のあるケーキです) もともとはパティシエ・クリームを詰めた大きなブリオッシュでしたが、それを再構築したものです。現在は、シュー生地をベースに、シブーストクリームを詰めたシュー生地のボールを載せています。シブーストクリームは、パティシエールクリームとメレンゲを混ぜ合わせたもの。 組み立ては、ボールをカラメルでパティシエールに固定します。

8 – LE BABA AU RHUM (ルババオラム)

ラムババはその名の通り、ラム酒に漬け込んだサヴァランを使ったソフトケーキです。この名前は、18世紀にポーランドのスタニスラス王(ルイ15世の義理の父)が、自分のクグロフが乾燥しすぎていることに気づき、マラガワインを振りかけて柔らかくしたという逸話に由来しています。ワインの代わりにラム酒を使うことを思いついたのは、パリのパティシエであるニコラ・ストレール氏でした。しかし、モントルグイユ通りでは、どちらのレシピも利用できるようです。もし、ババ・オ・ヴァン・デ・マラガを食べてみたいと思ったら 響きは悪いですが、美味しいに決まっています。また、イタリアではリモンチェッロ・リキュール(レモンピール)を使ったものもあります。

Cerise Paris|ルムババ

 

9 – LE MOKA (ル・モカ)

 

モカは主にイエメンの港(ヨーロッパへのコーヒー出荷を行っていたモカの港)で生産されたコーヒーを使ったデザートで、そのために可愛らしい小さな名前がついています。一般的には、抽出したコーヒーを染み込ませたスポンジケーキとコーヒー風味のバタークリームを交互に重ね、その上にローストしたアーモンドのヴェールをかぶせて飾ります。モカは、チョコレートもありますが、やはりカフェインをよく摂る人にはとても喜ばれるケーキです。

Cerise Paris|ザ・モカ

 

10 – LA TARTE AU CITRON MERINGUÉE (ラトルトオシトロンメレンゲ)

レモンメレンゲパイは、フルーツが入っていない数少ないパイのひとつです これは、卵、砂糖、レモン果汁、レモンの皮を混ぜ合わせたおいしいパイで、「レモンカード」と呼ばれています。このレシピでは、おいしいレモンパイを作るためにそこで止めることもできますが、メレンゲを加えることで、すばらしいレモンメレンゲパイができあがります。レモンパイの歴史については、ぱっとしたものはなく、パティシエのエリザベス・グッドウェルが考案したもので、メレンゲという言葉は、メレンゲを考案したパティシエのガスパリーニが生まれたスイスの町、メリンゲンに由来しています。

Cerise Paris|レモンメレンゲパイ

 

11 – LE CANELE  (カヌレ)

 

カヌレはボルドー地方の小さなケーキで、ラム酒とバニラで味付けされたソフトで柔らかいパイ生地で、高さ約5cm、直径約5cmのフルート型の円筒の形をしており、元々は銅でできた型で焼かれているため、キャラメルのような上質なクラストが特徴です。

 以下にカヌレレシピをご紹介します:

 

 

 


トップページへ戻る