ご注文はお名前をローマ字でご記入ください

Angelina Paris (アンジェリーナ・パリ) - モンブラン

アンジェリーナ・パリでの軽食

Angelina Paris - Goûter Noël 2016 - Le blog de Lili
アンジェリーナ!?リヴォリ通りにある、レストランとブティックを兼ねたこのティールームには、100年以上前からパリジャンや観光客が集まり、メゾンのサヴォワールフェールや店内のエレガンスを楽しんでいます。扉を開けると、ベルエポック時代にタイムスリップします。夏の終わりに、ムッシュと一緒に「アンジェリーナ」にデザートを食べに行きました。その日は平日の昼下がりで、部屋はすでに(あるいはまだ)かなり埋まっていました。この半日の休みに、本物の美味しさと時間を忘れた間食を楽しむことができて、とても良かったです。

Angelina Paris - Goûter Noël 2016 - Le blog de Lili

私は自分の好みに合わせて、どうしてもチョコレートのお菓子が食べたかったのです。マカロンビスケット、ダークチョコレートムース、ホワイトチョコレートムース、ミルクチョコレートガナッシュ、ダークチョコレートディスクのViennaを選ぶことができました。魅力的ですよね。

アンジェリーナ・パリの名物であるモンブランの中でも、私はチョコレートのモンブラン(9,30€)に注目しました。メレンゲ、ライトダークチョコレートシャンティリー、ダークチョコレートシェイブ、栗のクリームバーミセリで作られていました。3つの食感が楽しめる、とてもとても甘いお菓子です。栗があまり好きではない人も、ぜひ挑戦してみてください。

それに合わせて、私は当然、季節限定のオプションであるクリスマスティー(7,70ユーロ)を選びました。中国とスリランカ産の紅茶に、オレンジピール、ジンジャーブレッドの香り、花びらを加えたものです。スパイスで味付けされた紅茶を淹れただけの、まだ軽いものでした。紅茶を飲みながら、クリスマスツリーの足元にいるような気分を味わえますよ。モンブランに合わせて紅茶を選ぶのは本当におすすめです。

Angelina Paris - Goûter Noël 2016 - Le blog de Lili

ムッシュが選んだのは、今回のコレクションでフェミニンな雰囲気を醸し出しているという、カシスとバニラでできた「nun」(8.90ユーロ)。シュー生地はサクサクしていて、ピリッとしたカシスのクリームが軽いバニラクリームで和らげられています。

ムッシューは、この可愛い修道女を心から楽しんでいました。軽くて新鮮な味は相性がいいと思ったそうですよ。また、一番大きなシュウの底にある小さなサプライズベースも気に入ったようです。

Angelina Paris - Goûter Noël 2016 - Le blog de Lili

彼が選んだのは、クリスマスのスパイスを使ったホットチョコレート(8.20ユーロ)。

Angelina Paris - Goûter Noël 2016 - Le blog de Lili

 

Angelina Paris - Goûter Noël 2016 - Le blog de Lili

私たちは、パリの日差しの中を散歩する準備ができていました。

アンジェリーナ・パリのおやつには、今回も大満足でした。また、年末に美味しいお菓子を食べたいとお考えの方は、予約が可能であることを知っておくとよいでしょう。あなたの味覚が旅するように、あなたは絶対にここに来ることをお勧めします。

今回のご招待に感謝しています。

サロン・ド・テ - リボリの店
リヴォリ通り226番地
75001 パリ
01 42 60 82 00
営業時間:月~木 7.30am~7pm
金曜日:7.30am~7.30pm
土日祝日は8:30~19:30

アンジェリーナはイル・ド・フランスにも住所があります。

ルクセンブルク美術館
リヴ・ゴーシュ・ショップ
パレ・デ・コングレ
ヴェルサイユ - オルレアン・パヴィヨン(Pavillon d'Orléans
ヴェルサイユ - 小トリアノン
ルーヴル美術館
パリのギャラリー・ラファイエット
パリ シャルル・ド・ゴール空港
ジャルダン・ダクリマタシオン(Jardin d'Acclimatation)

Découvrez le site d’Angelina

.

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。