ご注文はお名前をローマ字でご記入ください

Louis Vuitton x Takashi Murakami ( ルイ・ヴィトン×村上隆)

 ルイ・ヴィトン本店はパリのシャンゼリゼ通りにあります。

2005年、ルイ・ヴィトンは「モノグラム・シリーズ」コレクションを発表しました。

フランスのスタジオに日本のアートがあるとすれば、それは村上隆というアーティストのおかげでしょう。

ビジュアルアーティストである彼のイマジネーションは、日本の伝統的な文化、彼が育った社会の激動、そしておとぎ話やマンガ、可愛いキャラクターにあふれたイマジネーションを昇華させています。

その2年後、ルイ・ヴィトンは村上氏の作品が展示されていた美術館に80平方メートルの臨時ブティックを設け、「LVハンズ・ネヴァーフル」ラインのバッグを限定販売しました。

2008年4月には、ブルックリン美術館でも同じようなことが行われました。村上氏の回顧展が開催されていた美術館の外で、新商品を販売したのです。

このようにして、アート、アーティスト、そしてブランドの出会いは、どんどん進化していきます。

そしてこの出会いは、美術館という、作品の展示と商品の販売が融合した場所で実現しました。
2008年には、モノグラムにカモフラージュ柄をプリントした「Monogramouflage」でこれを繰り返しました。
アンディ・ウォーホルのアートを受け継いだ彼は、有名なモノグラムをアシッドな色調で再構築し、キャラクターバッグのコレクションでブランドに新鮮さをもたらしました。

クラゲの目、花やキノコ、レザーに施されたマンガのような装飾、LVに欠かせないディテールでブランドの作品を彩りました。彼は、自分のキャラクターであるアニメ漫画「SUPERFLAT」アヤを、ヴィトンの「インソリット・モノグラム」コレクションの世界に入れました。耳がヴィトンのモノグラムになっているパンダもいます。

 

村上隆のBIOGRAPHY
東京藝術大学で古典的な絵画を学んだ後、個人的で革新的な表現方法を見つけようとしました。それは、現代のナショナルシーンが存在せず、アメリカが文化的に支配していたという当時の状況に反応して定義したものでした。奔放な想像力によって、村上氏は、幻想的なキャラクター、妖精のような動物、素晴らしい生き物、いたずら好きなモンスター、豊かな植物に囲まれた、暗くも素晴らしい、奇妙で独特な世界を作り上げました。日本の政治的、文化的、宗教的、社会的な歴史を踏まえた上で、漫画やアニメーション映画のカワイイ、ポップな美学や、昔の巨匠の絵画や仏教の図像などを参考にしています。原爆から津波や地震まで、多かれ少なかれ最近の自国のトラウマへの言及が随所に見られます。ペインティング、スカルプチャー、インスタレーション、アニメーションフィルムなど、さまざまな形態やメディアで構成されており、自身の会社であるKaikai Kikiの作品も含まれています。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。