フランスの紅茶-Thé à la française

ubukata ayako October 18, 2022

紅茶 フランス:ある現象についての考察

*お茶の歴史



フランスの最大手紅茶ブランドは、日本人やイギリス人に紅茶を売ることに成功した。国際空港の免税店では主役級の存在になっている。どうやってそこに行ったのか?フランスの紅茶」を広めることで

このコンセプトは実を結んでいるようです。フランス紅茶には、消費者の心を動かす要素がある。しかし、この「フランス茶」の定義は、かなり難しいままだ。シンプルなマーケティングコンセプトなのか、フランスで紅茶を楽しむための本格的な方法なのか、こだわりの味なのか。

まだ漠然としているこの概念について、いくつかの考え方を提案したいと思います。比較のために例を挙げてみましょう。イングリッシュフレーバーの紅茶といえば、一般的にインドの農園で作られた、力強くタンニンの効いたフルボディの紅茶のことを指します。ひいては、カップケーキとミルクの雲で有名な4時のティータイムという、セレモニーの形にまで話が及んでいるのです。

フランスの紅茶はどうですか?どんなお茶なんですか?具体的にどのような味なのでしょうか?どのような式典なのでしょうか?

フランス紅茶:シンプルなマーケティングコンセプト?
2000年代に入ってからは、数百万ユーロの広告キャンペーンもあり、お茶のイメージは変わり始めている。古風な習慣から、次第にトレンディでモダン、そしてダイナミックな製品になりました。より多くの人に届けるために、お茶は若者という新しい消費者層に向けて発信しているのです。

そのため、若者が自分のステータスを主張できるような流行に敏感でありながら、歴史と伝統に根ざした、年配者にアピールし続けることが必要だったのだ。この戦略は実を結びつつあります。フランスの紅茶市場は、2桁の成長率で順調に推移しています。

マーケティング的には、フランス式紅茶は、現代的なイメージを持ちつつも、先祖伝来の茶葉に忠実な紅茶ということになるのだろう。しかし、オーストリアやスペインの紅茶なら、そのような価値観を簡単に伝えることができたかもしれません。紅茶の "フランス "という側面が、紅茶に特別な風味を与えているのです。これはなぜでしょうか。

フランス:食とのユニークな文化的関係
フランスの美食が2005年から人類無形文化遺産に登録されたとすれば、それはもちろん偶然の産物ではない。フランス料理は、世界的に高い評価を得ています。最も洗練されたフランス料理は、そのルーツとなる土地の料理から大きなインスピレーションを受けている。

この例えは、典型的で先祖代々の土地で作られる洗練された繊細な製品であるお茶にぴったりです。ミシュランガイドの一流シェフがペリゴールのトリュフを昇華させるように、紅茶のプロはダージリンを昇華させて新たな次元に導く方法を知っているのです。

そこで、ブレンドやフレーバーという概念が登場するわけですが、これが今日の紅茶の常識になっているような気がします。白茶にバラの花びら、龍井にスミレ、スリランカ紅茶にキャラメルムースとアーモンド...お茶は、より多くのオリジナルレシピのベースとなるのです。

フランス人は、このようなエキゾチックな名前を持つ味の混合物の魅力に早くから気づいていたようだ。

フランス人は食と肉欲の関係を持っている。私たちは、食材がどこから来て、どのように作られているのか、オーガニックなのか、持続可能な農業のものなのか、そしてどのように調理すればいいのか...知りたいと思うのです。

最後に、お茶とワインには大きな共通点がある。ワインもまた、フランスの製品である。ワインはテロワールやノウハウの産物であり、ある温度で、ある料理と一緒に、あるヴィンテージにしたがって飲むものである。ただし、お茶にはアルコールが含まれていないので、節操なく飲んでも大丈夫です。

つまり、お茶の芸術、特にお茶を使った創作が、私たちの歴史や習慣に刻まれ、眠っていたものが、ようやく目覚めたということなのでしょう。

しかし、フランスの紅茶がそれ自体、料理芸術として認識されているとすれば、それは、比較的高価で、十分に意識して飲まれる高級品であることも理由でしょう。ここでもまた、フランスのノウハウが生かされているのです。

フランスの紅茶:ある種の高級感を持ちつつも、リラックスした雰囲気
また、海外から見たフランスは、ロマンとセンスの国というイメージがあります。オートクチュールとエレガンスは密接な関係にあり、それは当然といえば当然です。それもそのはずで、お茶もまた、繊細に味わうべき嗜好品なのです。

フランスの紅茶も、ある種の贅沢な考え方なのだろう。ゆったりと楽しむ繊細な高級品。

もしかしたら、中国や日本の茶道、イギリスのティータイムと同じように、フランスの茶道も語れるかもしれません。フランスの紅茶は、マカロンと一緒に仲良く飲みます。それは儀式であり、おそらく社会的な区別の要因にさえなる。

若い人たち(多くは女性)が、香りのよいお茶を入れた透明なマグカップを抱えて通りを歩く姿は珍しくありません。お茶を飲むことは楽しいだけでなく、少なくとも私はそう思っています。

フランスの紅茶:身体と健康との関係
お茶は、一定の儀式に従って飲まれ、多様でオリジナルな味を提供する上質な本物であるだけでなく、非常に低カロリーで抗酸化物質が豊富、新陳代謝を活発にして食欲を抑える...つまり、お茶は「デトックス」飲料でもあるのです。

海外、特にアメリカでは、フレンチというとエレガントでスリムなイメージがあります。また、「フレンチ・パラドックス」といって、フランス人は脂肪分の多い食事やお酒をたくさん飲むのに平均的に痩せているという話がある。しかし、良い脂肪と良いアルコールは、栄養士が説明しています。

そのため、フランス産の紅茶は、スリムでエレガントな女性に好まれる痩身効果の高い飲み物でもある。 そう、そして良いお茶を、と栄養士は付け加えるかもしれない。つまり、砂糖を加えず、オーガニックで、有益な特性を持つ他の植物を使っているということです。

この点が、フランスで人気の高い永遠のライバル、コーヒーと異なる点である。コーヒーも代表的な味わいの本格的な商品とされていますが、カフェイン含有量が多く、低カロリーであるにもかかわらず、「コーヒーの痩身効果」についての言及はありません。

要約すると
大規模なマーケティングに後押しされ、本物の味覚的特徴やフランスらしいノウハウから、フランス産の紅茶は、「フランス産の紅茶」と定義することができるだろう。

テロワールから生まれる本物の
フランス人紅茶職人によるフレーバーコンビネーションで昇華されています。
ラグジュアリーでありながら、若者向けであるため、リラックスしてダイナミックに過ごすことができます。
また、女性をより美しくする痩身効果もあります。
しかし、製品以上に、:

健康的な楽しみを提供します。
フランス料理のノウハウに焦点を当てた特別なセレモニーです。
茶人が創り出す代表的な味わいです。
ということで、ほとんどフランスの生活術のようなものです。

トップページへ戻る