Cerise Paris

「"食すること"とは、人生を味わうこと」。 私たちが、大切にしている言葉です。 おいしい食べ物は心を豊かにします。 また、食する感動の原点には"美しさ"があります。
— Ayako Ubukata
スリーズパリスについて

CERISE PARIS は、フランス各地のおいしいものが集まるサイトです 私たちは、食べることの中心にある「美」を大切にしています。 毎日の暮らしに、豊かで楽しい味をお届けします。
「"食すること"とは、人生を味わうこと」。 私たちが、大切にしている言葉です。 おいしい食べ物は心を豊かにします。 また、食する感動の原点には"美しさ"があります。 — Ayako Ubukata

パリのポワラーヌは、1932年フランス人のピエール・ポワラーヌよって、パリ6区に創業した老舗パン屋さんです。
今日、三代目に引き継がれたポワラーヌ は、現在も創設者のピエール・ポワラーヌが生み出した数々の作品を同じ製法で作り続けています。フランスで一番美味しいパン屋さんとも言われ、実はパリの多くのカフェでもポワラーヌのパンをお出ししているのです。パリ旅行中にレストランで食べたあのパンも、実はポワラーヌのパンだったかも知りませんね! そんな老舗ブランジェリー(フランス語でパン屋さん)で、世界中のお客さんを虜にしているのが、人気商品サブレ「punitions・ピュニッション」です。名前までは知らなくても、このサブレを見た事のある方は多いのではないでしょうか。 製法も昔のまま、無農薬の素晴らしい小麦粉、バター、卵、砂糖のみを使用、シンプルゆえに素材のよさが際立つサブレは、一枚食べると止まらない、あっという間に食べ切ってしまうサブレです。 ポワラーヌが使う小麦粉とイーストは、ポワラーヌオリジナルです。創設者のピエール・ポワラーヌによって研究に研究を重ねて作られた小麦粉は他の素材と混ざり合う事で、より柔らかく、ふんわりとした歯応えになる様に調合されました。又イーストは、手作りで、自然な素材のみを使って丁寧に作られています。 サブレの名前「punitions ※フランス語でお仕置き」は、ポワラーヌ家のおばあちゃまの「おしおきですよ!」 と内緒で子供達にクッキーを与えてくれた事がきっかけだそで、こんな可愛いお話を持つサブレは、パリの地元パリジャンにも大人気で、お店にはフランスの著名人も沢山訪れる理由が、食べたらきっとわかります。 ポワラーヌクッキ-ビスケットー 日本未発売
BACK TO TOP