マドレーヌ名前の由来-マドレーヌ作り方

by ubukata ayako on November 14, 2021

マドレーヌ名前の由来 (マドレーヌ意味) :

マドレーヌは、どうしてマドレーヌという名前がついたのでしょうか。マドレーヌは1755年にコメルシー城で誕生しました。ポーランドのスタニスラス王は、そこにヴォルテールとシャトレ夫人を迎え入れました。そして、この日のために、王は料理人のマドレーヌに新しいケーキを作るように頼みました。彼女は、貝殻の形をしたケーキを作り、ゲストに大変喜ばれました。ポーランドのスタニスラウス王も気に入って、ルイ15世の妻である娘のマリーにマドレーヌの小包を送ったのです。マリーはこのケーキに惚れ込み、このケーキを作った女性に敬意を表してマドレーヌと名付けることにした。それ以来、マドレーヌは当時のヨーロッパでは欠かせないケーキとなりました。形状は、細長いもの、丸いもの、貝殻のようなものなどがあります。おやつとして食べたり、友人と一緒にホットチョコレートや紅茶に浸して食べたり、マドレーヌはいつでも老若男女を問わず楽しませてくれます。

子供でも大人でも、誰もが大好きなマドレーヌ。夏でも冬でも、おやつや朝食には欠かせない存在です。ハチミツをかけたり、チョコレートやレモンをかけたり、または生地に混ぜて焼いたりと、さまざまな方法で簡単に作ることもできます。


マドレーヌ:シリル・リニャックのレシピ
レシピの材料 :

  • 溶かしたバター80g
  • 卵2個
  • 砂糖60g
  • レモンの皮またはオレンジの花 (オプション)
  • 小さじ1杯の牛乳
  • 小麦粉 130g
  • ベーキングパウダー(小袋)1個


準備。

  1. バターを溶かします。
  2. 置いておく。
  3. 卵と砂糖を混ぜる。
  4. オプションで、レモンの皮やオレンジの花を加える。
  5. 牛乳を加えて混ぜる。
  6. 小麦粉を加える。
  7. よく混ぜ、ベーキングパウダーを加える。
  8. 最後に、溶かしたバターを加えます。
  9. 涼しい場所で数時間から一晩、生地を休ませる。
  10. 生地を絞り袋に入れる。
  11. マドレーヌ型にバターと小麦粉を塗る。よく叩いて余分なものを取り除きます。
  12. 型に3/4の水を入れる。
  13. 200℃のオーブンに入れる前に、型を叩いておく。
  14. オーブンを170℃に下げ、マドレーヌを13分焼きます。


シリル・リニャックのマドレーヌ成功の秘訣
マドレーヌ生地で大切なことは、必ず冷蔵庫で「休ませてから」焼くことです。前日に準備して翌日に焼くのがベストですが、急いでいる場合は数時間あれば十分です。
きれいなマドレーヌを作るためには、現在市販されているシリコン製の型は避けましょう。シェフは、「母がやっていたような鉄製の型」を使うことを勧めています。鉄製の型には、バターと小麦粉をよく塗ってください。
パイピングバッグを使うことで、「より綺麗で整った」マドレーヌを作ることができます。もし持っていなければ、Cyril Lignacは「フリーザーバッグ」を使って「端を切る」ことで代用できるともアドバイスしています。それ以外の場合は、シンプルなスプーンでも問題ありません。
最後に、きれいなつぶつぶができるようになるのは、有名な「熱衝撃」です。マドレーヌを200℃のオーブンの一番上に入れてから、170℃に温度を下げてください。

さあ、今日のあなたのおやつは、マドレーヌに決まりでしょう?

BACK TO TOP