マリー・アントワネットの名言

by ubukata ayako on August 17, 2021

« S’ils n’ont pas de pain, qu’ils mangent de la brioche. »

パンがないなら、パンを食べればいいじゃないか。痛みのない者はブリオッシュを食べさせよう」がマリー・アントワネットのセリフになったのはなぜ?

フランス革命の際にギロチンで消えたルイ16世の王妃マリー・アントワネットは、「パンがなければブリオッシュを食べなさい」という言葉で知られています。このセリフは、フランス国民の苦労とはかけ離れた、マリー・アントワネットの贅沢な生活を象徴するものとなっているが、マリー・アントワネットが発したものではないことがわかっている。


マリー・アントワネットは、1755年、オーストリア大公夫人マリア・テレジアと神聖ローマ帝国皇帝フランシス1世の娘として、マリア・アントニアに生まれました。1770年、15歳だった彼女は、ルイ15世の三男である王太子オーギュストと結婚し、その際に自分のショコラティエをヴェルサイユに呼び寄せたのです。この結婚の際、彼女はフランス名のマリー・アントワネットとして知られていました。1774年に王太子オーギュストがルイ16世に即位すると、マリーはフランスの王妃となった。

マリー・アントワネットが処刑された日:「Marie Antoinette condemned to death, 16 October 1793」1793年10月3日、マリー・アントワネットは革命裁判所に召喚されました。短時間の裁判の結果、彼女は反逆罪で有罪となり、死刑を宣告された。10月16日、彼女は絞首台に連れて行かれる。

経済的に衰退の一途をたどっていたこの国では、贅沢な暮らしや外国の貴族との浮気など、マリーの評判は最悪だった。マリア自身も王国の財政状況を把握していなかったと言われていますが、それを示すエピソードとして、パリの農民がパンを買えないほど貧しいというニュースを聞き、「パンがないならお菓子を食べればいいじゃない」と言ったそうです。

厳密には違いますが、メアリーの返事は「ブリオッシュを食べさせてあげて」です。ブリオッシュは、牛乳に砂糖を加えたパンで、普通のパンよりも少し高価ですが、お菓子ではありません。とはいえ、これはマリアの経済感覚が人々とはずれていたことを示している。

しかし、メリーさんの「ブリオッシュを食べればいいじゃない」という発言が、「ブリオッシュを食べればいいじゃない」ということになるという証拠はない。社会契約』や『エミール』で知られる思想家、ジャン=ジャック・ルソーの自伝『告白』に登場したのが最初と言われている。「農民にはパンがないと言われていたが、偉いお姫様が『ブリオッシュを食べればいいじゃないか』と言ったという。偉いお姫様が「どうしてお饅頭を食べないの」と言っていたのを思い出しました。ルソーの『告白』がマリーの結婚前の1769年に出版されていることからも、この発言がマリーによるものではないことは明らかである。


なぜブリオッシュを食べないのか」という言葉をマリーが最初に明確に表現したのは、1843年にフランスの雑誌に掲載された記事であろう。つまり、マリーが処刑されてから半世紀の間、「ブリオッシュを食べたらどうですか」というセリフはほとんど注目されず、マリー・アントワネットとは無縁だったのである。

オックスフォード大学のロバート・ギルデイ教授(近代史)は、マリーがフランス革命中に処刑されたのは、「フランス革命が女性を政治的権力から排除しようとした」からだと指摘しています。ギルデイによれば、フランス革命でマリー・アントワネットが排除されたことには、1791年に「女性と女性市民の権利宣言」を発表した女性権利活動家のオランプ・ド・グージュがギロチンで処刑されたことからもわかるように、性差別的な側面があったという。

BACK TO TOP