動物と話せる

by ubukata ayako on September 19, 2021
動物と会話する人は、より繊細で知的である


もしあなたがペットを飼っていなかったり、あまり好きではなかったら、人間が犬や猫やハムスターに人間のように話しかけるのを馬鹿げていると思うかもしれません。
"So, you had a good day? 私に会えて嬉しいですか?そうそう、引っ掻くのが好きなんだよね!」。猫好きや犬好きで、こんな話をしたことがないという人は手を挙げてください。誰か?そう思うでしょうね...。

ペットと会話する人は一般人よりも賢い
行動心理学のニコラス・エプリー教授によると、ペットに話しかけることは普通のことだそうです。シカゴ大学の研究者は、新聞「Quartz」のインタビューでさらに踏み込んだことを語っています。彼によれば、それは深い知性の表れだと言います。
おもちゃや動物、空想上の友人などに話しかけることは、子どもたちが幼い頃から行うことです。そして、それは彼らの知的発達に大きく影響します。

擬人化は知性の証し
もしあなたが自分の犬に話しかけるなら(私は1日に少なくとも100回は話しかけているでしょう)あなたは人間の性質や欠点を犬に帰属させていることになります。擬人化を行うのは人類だけです。

子供の頃から自分のペットを人間として扱うことは、心の開放性、人間性、社交性、そしてより繊細な知性を証明することになります。

また、人間と動物の関係において、言語は必要不可欠な要素です。例えば、馬や犬、カワウソ(カワウソをペットとして飼うことを夢見たことがない人はいないでしょう)を調教するときには欠かせません。彼はあなたの言っていることの一部を理解しています。

嗅覚のほかに、動物は声で飼い主を認識することが多いと言います。そしてペットと一緒に寝ることは健康に良いの出そう!

BACK TO TOP